MISAWA アルビオコート検見川浜

いいお店、いい人がたくさん集まって、検見川浜をいい街にしています。

活気づいていく街でくつろぎの空間を提供していきたい 小糸  達也さん

  • Mother Moon Café美浜は、神戸三宮に本店のあるMother Moon Caféの関東唯一の店舗として2000年にオープン。住宅街から離れた場所にあるにもかかわらず、主婦層を中心に多くの人たちが訪れる人気店。「ケーキはすべて手作り。カフェだからといって料理をおろそかにはしたくなかった。レストランで長年経験を積んだシェフが作る質の高いイタリア料理をご提供しています」と話してくださったのは店長の小糸達也さん。店内のインテリアも統一感を持たせず、あえて“ばらばら”なものを置き、くつろげる自由な空間にしているとのこと。店長自らが描くラテアートもお客さまに人気。アニメのキャラクターなど100種類のアートを描けるとか。「意外性のあるものを描いて『こんなものもできるんですか』と驚いていただけると嬉しいですね」

  • 千葉市美浜区真砂で生まれ育った小糸さん。カフェの経営に興味があり、Mother Moon Café美浜のオープンと同時にアルバイトを始めました。2年が過ぎた頃、店長に抜擢。住み慣れた真砂の町の印象をうかがうと「良い変化を感じている」とのこと。「小学生の頃は空き地がたくさんあって、“秘密基地”を作ったりして友達とよく遊んでいました」小糸さんの成長とともに、京葉線が全線開通、幕張新都心の開発が進み、大型のショッピングセンターもできるなど街が整備され、生活が便利になり人口も増加しました。しかしその後、「昔から住んでいた人たちが高齢になり、子どもの数が少なくなって学校の統廃合で空き地が増え、街に元気がないと感じた時期がありました」一抹の寂しさを感じていたところ、この何年かの間に再び空き地に住宅が建ちはじめ人が戻ってきた」と小糸さん。「街が活気づいていると感じています。」

  • 小糸さんの趣味はジョギング。「稲毛海岸沿いにはサイクリングロードが整備されていて、海の風をあびながらサイクリングやジョギングを楽しめるんです。天気の良い日は最高の気分ですよ」海に近いこの街から離れたいと思ったことはないそうです。「これからどのように街が変わっていくか目が離せません」将来の夢についてうかがうと、「地域に根差した店づくりをしていきたい」とのこと。「落ち着いた雰囲気を守りながらも、お客さまが“おっ!”と思えるものをメニューや空間にプラスしていきたいです」

    Mother Moon Café美浜(マザームーンカフェ美浜)

    ※掲載の写真は、平成28年1月撮影

周辺環境
来場予約
資料請求