ホーム >マイホーム購入の知恵袋 > 建売住宅購入のチェックポイント

建売住宅購入のチェックポイント

住宅購入は人生の中で大きな買い物です。
自分の理想で一から設計をするのもいいのですが、土地選びから打ち合わせと時間もコストもかなりかかってしまいます。
そこで、今回は建売に関してチェックすべきポイントをご紹介したいと思います。
建売ですと、安いけど建物が…
施工がわからないから不安…と思われる方もいらっしゃると思いますが、大手ハウスメーカーが手掛ける物件はそうではありません。
自分で建築する場合と同じ性能の建物にお住まいできるのもメリットの一つです。
また最近では、大手ハウスメーカーが協力しあった大型の分譲プロジェクトなど多様な形態も増えています。
立地もさることながら、「ランドプランニング」に取り組んでいて環境も考えられた物件は見逃せません。
しっかりとチェックポイントを押さえて実際に見学にいかれてはいかがでしょうか。

広告チラシの問い合わせ先が「仲介業者」より「売主」の物件を。

建売住宅の折り込みチラシには「問い合わせ先」が書かれています。
問い合わせの窓口は不動産業者などの「仲介業者」や売主自身が施工した「住宅会社」になっているのが一般的です。
このうち施工している会社が問い合わせ先ということは、客が聞きたいことに正確に答えることができるし、購入後のアフターサービスにも誠意をもって対応してくれるはずです。
従って建売住宅は、「売り主」と「施工会社」と「販売する会社」が同じ物件を探すのが理想ではないでしょうか?


アフター・ライフサポートサービスが充実している会社を選ぼう。

建売住宅は住み心地や使い勝手より売れることを最優先に宣伝することが多いものです。購入者もチラシなどで「いいね、安いね」と決めてしまう事が多いので、収納が少なかったり、生活動線が不便など購入後、不満が残るケースは少なくありません。
見た目や低価格だけでなく、お客様本位の住み心地を考え、販売後も心のこもったアフター・ライフサポートサービスを提供する建売住宅を選びましょう。

内覧の主なチェックポイント

気に入った建物がみつかったら内覧です。生涯に一度の買い物ですから、納得のいくまでチェックしましょう。

・浴室や台所と洗面所
住宅で故障やトラブルが多いのは水回りです。何年か使っていると蛇口のパッキンが老朽化して水漏れが起きたり、給湯器の故障で温水が出なくなることもあります。そんなとき、すぐかけつけて出張費と部品代など実費に近い料金で修理してくれるのがそれぞれの設備のメーカーです。メンテナンスや将来の修理に備えて各設備のメーカーを確認しておきましょう。

・床
直接触って質感を確かめ、業者に素材の説明を受けましょう。

・ドア
重くしっかりした質感かどうか確かめ、開け閉めの具合と、開けたとき他の部屋から出てきた人とぶつからないかドアの配置を確認しましょう。

・室内の階段
手すりがついているか、ステップに滑り止めがついているかも確かめましょう。

・窓の外
必ず開けて目の前に高い建物などがないか確認しましょう。

・玄関
小さなお子さんがいる場合、玄関を出てすぐ前に道路がせまっていると危険だったりします。


土地の仕入れから直接施工、直接販売の物件がベスト。

<戸建住宅会社のパターン>
A)土地を仕入れ、施工し、直接販売する会社
B)土地を仕入れ、施工するが、販売は別の会社
C)土地を買って建売住宅を売り出すが、建設は別の会社
D)工務店のように住宅を建てるだけの会社

建売住宅を手掛ける住宅会社といっても事業形態はさまざまですが、購入者にとっては土地の仕入れから建物の施工、販売まで自社で行う(A)がおすすめです。
こんな会社なら、将来のアフターサービスも安心でしょう。

<「直接仕入れ、直接施工、直接販売」する会社のメリット>
・購入者の満足度を考慮して建設するので、よい住宅環境が得られる
・宅地の前はどんな土地だったか、地盤等を調べている
・設計から施工まで自社で手掛けているので住宅に強い責任感を持っており、客に売り渡したあとも十分なアフターサービスをしてくれる
・営業部門と施工部門が一体だから建物の質も高い


必要な書類一式を渡してくれる会社を選ぼう。

<引き渡しの時にもらえる主な書類>
・建築基準法や消防法などを守っていることを申請する建築確認申請書
・適法であることなどの確認を受けた確認済証
・建物の基本構造を保証する保証書
・平面図など各図面
・メーカー、商品名、型番号など住設機器の情報
・屋根、外壁、床など仕様の詳細情報
・火災保険や地震保険などの情報

建売住宅の引き渡しのときにもらえる上記の書類は建物の履歴書です。
この「家歴」があれば経年劣化のメンテナンスやリフォームのときに便利です。
これらの書類提出は義務ではありませんが、必要書類を出し渋る業者がいたら要注意です。


建物保証を確認しよう。

建売住宅を建設する事業者は10年間、品質保証することが法律で決められています。
保証が義務づけられているのは耐震性や耐久性にとって重要な、基礎や柱などの「構造耐力上主要な部分」で、欠陥がみつかったら無料で修理したり賠償金を払うことになっています。交渉がこじれたら売買契約の解除もできます。

※別途住宅メーカー(売主)によって色々な保証がありますので実際に問い合わせてみるのがよいでしょう。
また売主(住宅会社)が倒産しても欠陥部分の修理ができるよう、事業者には保険や保証金の供託が義務づけられているので安心ではないでしょうか。


地震に強い土地を探そう。

地震や災害に強い土地を選ぶとき、大事なチェックポイントは地盤です。
日本の地盤は約1万年前以前にできた洪積層(こうせきそう)と、それ以降にできた沖積層(ちゅうせきそう)からできています。洪積層を中心とした古い地層は山地、丘陵、台地などで、地震に強く、揺れや被害が少ないといわれています。
一方、堆積層でできている谷底低地や海に近い埋め立て地は地震の被害が大きくなるでしょう。
しかし住宅会社では、事前調査の結果によって地盤の弱い地域でも硬い岩盤まで届く杭を打って建物を支えたり、平衡(へいこう)でない土地の盛り土には、締固めや擁壁(ようへき)などの地盤補強をしています。


まとめ

これまで建売住宅のチェックポイントを見てきましたが、購入を決断する時は「住みやすさ」を第一に判断することでしょう。住みやすさのポイントのひとつは、玄関周りをはじめとする収納の場所とスペースです。買う方はつい部屋の広さに目を奪われがちですが、たとえ部屋が狭くても収納が十分あれば居心地がよく、気持ちよく暮らせるはずです。そして営業担当者の対応をみて信用できる建売業者に出会えば、一生満足できる家を選ぶことができるでしょう。


参考文献:「一生満足できる一戸建て選び」(三井明著、幻冬舎発行)

この記事の担当

取材・文章/不動産ライター・著

ご相談・お問い合わせはこちらから


ミサワのディーラーがあなたの希望をサポートします!

ご希望の物件が見つからないときも、あきらめないでお問い合わせください!