まちづくりインタビュー ヒルズガーデン 越谷レイクタウン南 まるでリゾートのような水辺の街 自然と都市空間が調和する「越谷レイクタウン」

「越谷レイクタウン」は、水と緑を身近に感じるうるおいの住環境に、特定土地区画整理事業地内ならではの美しい街並みが広がる街です。この規模でまちづくりを実施しているところは、埼玉県内ではなかなかありません。さらに国内最大級の商業施設が駅に直結し、街のシンボルである湖の周辺ではレジャーが楽しめる、暮らしやすい住環境が揃っています。この豊かなライフステージに誕生する弊社の分譲地をご紹介します。

ミサワMJホーム株式会社  本社営業部 営業課 桑田 幸則

オープン外構でゆとりある暮らしを実現

当分譲地は外構を統一しています。外構が統一されると街としては評価が高くなり、資産価値も高まるのです。「統一」と言っても全く同じ外構にするわけではなく、ルールを定めているのです。今回は「オープン外構」というルールを設け、隣家との境界にフェンスやブロッグを高く積まないようにしています。オープン外構は、1邸1邸を明確に分けないことで、敷地に広がりを感じますし、お隣さん同士での交流もしやすくなる効果があります。また、各邸にはシンボルツリーをはじめ、広葉・針葉樹・落葉樹を交えた植栽を施してます。先に販売を開始した91街区の木々が成長し始めていますので、緑が繋がるイメージを感じていただけると思います。統一外構は5年、10年と経ち植栽が育つことで街としての統一感が強くなっていくのが魅力です。

91街区街並み(撮影日:2014年2月)
91街区9画地(撮影日:2014年6月)
98街区街並み(撮影日:2014年6月)

オープン外構に関しては、稀に防犯性が心配だという声があります。しかし、実際はフェンスや門扉がないほうが、人が隠れる場所がないため安心だったりします。

[越谷レイクタウンのまちづくりルール]越谷レイクタウン南地区自体がまちづくりルールを定めているので、きれいな街並みを実現しています。これは、URの土地区画整理事業だからこそできたこと。民間企業による一般開発だと各社がバラバラに 開発するため、建物も街も統一感がなくなってしまうのです。URが窓口になった大きな街の事業は、安心感もあり資産価値も高くなります。

[Life]開放感を演出する吹き抜けがある暮らし

ヒルズガーデン越谷レイクタウン南には、全プランに吹き抜けとリビングイン階段を設けています。吹き抜けをつくると、どうしても床面積が狭くなってしまいますが、ここは土地面積が45坪と十分な広さがあるので、全棟吹き抜けをつけゆとりある空間にしました。また、小さなお子様がいるお客様も多いので、リビングイン階段で家族の交流や絆を深めていただこうと考えました。 第2期の建売住宅は北側アプローチの建物が中心となっています。北側は陽が当たらないという理由で敬遠される方もいらっしゃるのですが、実は北側アプローチには「庭が広く取れる」というメリットがもあるんです。

お庭は南側に設けますので、南側アプローチの場合は駐車場や玄関ポーチが場所をとり、さらに今回は敷地と外壁は1m離すというルールがあるため、その結果まとまった広いお庭がとれなくなってしまいます。
また、土地に高低差がない場合には、リビングの前の人通りを気にすることになってしまいます。その結果、45坪で南側のアプローチだと、お庭はあまりとれなくなってしまうんです。
一方、北側アプローチであれば、南側に広いお庭をとれますし、道路に面していないため人通りを気にする必要もありません。

北側アプローチの場合の駐車場や玄関ポーチ、お庭の一例

部屋の小窓で家族が繋がる家

吹き抜けが特徴的なプラン。ここはダイニングとキッチの上が吹き抜けになっています。リビングはソファに座ることが多いので、もともとある程度の高さは感じることができますが、ダイニングでは椅子に座り、キッチンでは立って作業をするので、天井との距離がリビングより小さくなります。そのため、ダイニングとキッチンの天井を吹き抜けにした方が空間の広がりを感じられるのです。

開放感を演出するダイニングキッチンの吹き抜け。ダイニングにカウンターをつけて、お子様が勉強したり、奥様が家事をしたりできるようになっています。

こちらの吹き抜けには家の中にも関わらず、小窓をつけました。小窓がついた2部屋は間取り的にお子様部屋になりますので、「ごはんできたよ!」と声をかけられます。お部屋間で糸電話で遊ぶのも楽しそうですね。

エネルギーを考える家

10kW以上の太陽光発電システムを搭載していると、 100%売電ができます。この家は太陽光発電10kW搭載の住宅。太陽光発電システムを搭載するために、屋根の面積を広くしています。

太陽光発電システム イメージ

コンセプトは「北側でも明るい家」。高い位置で採光することで家の中が明るくなります。玄関の上の吹き抜けには空間をつくりました。この下は玄関です。

お風呂は全棟カラリ床を採用。床をあたためられるようになっているので、冬でも快適です。暖房や浴室乾燥機もついています。

小屋裏収納がある家

小屋裏収納やウォークインクローゼットなど、収納を重視したプランです。リビングの吹き抜けを少し低めにして、2階に小屋裏収納を設けました。小屋裏収納やウォークインクローゼットの他にも、居室や階段下、ホールに収納が充実。キッチンにはミニパントリーをつけているので保存食をしまっておけます。

高さ140cmなので、お子様であれば立つことができます。窓があるので換気もできますし、コンセントも完備。お子様の隠れ家、ご主人のホビールームとしてもお使いいただけます。

小屋裏収納の外側の壁には収納棚が。ここに本を収納し小屋裏収納で読書もいいですね。

自然の風を楽しむ家

リビングとダイニングキッチンを分離した L型のプラン。プライベートとパブリックな部分をうまく使い分けることで、使い勝手が良くなります。LDKが一体だと、急な来客時にキッチンやダイニングが丸見えで気になることもありますが、分離していれば見える心配がありません。ダイニングはお子様の勉強道具や学校からの書類が置かれていることもあり、いつも綺麗とは限りませんからね。

2階ホール部分にリビングが見える窓を設置しました。吹き抜けに加え窓があることで、さらにゆとりある空間になっています。

和室の吊り押入れの下には「地窓」と呼ばれる窓。
夏の風が通るので窓を開けるだけで涼しいです。

住宅購入を検討中の方へメッセージ

都心からわずか20km圏内で、敷地面積は最低45坪以上というのは、
とても希少性が高いのです。越谷レイクタウン周辺のエリアだと30坪~35坪くらいが多いのですが、そうすると車は1台しか停められません。
45坪以上あると駐車場を2台分確保できるんです。
都心までのアクセスが快適で、この規模のまちづくりがあって、
この広さでこの価格。
他にはなかなか無い魅力的な分譲地ですので、自信を持っておすすめします。ぜひ一度見学にお越しください。

越谷レイクタウンからのアクセス図

[Urban development]水辺のリゾート「越谷レイクタウン」のまちづくり

URの事業だからこそできる大規模開発

「越谷レイクタウン」というまちづくりは、URが実施する特定土地区画整理事業です。この辺りはもともと大きな川が流れていて、水害が多かったため、治水事業として大きな調整池をつくったのです。通常、土地区画整理は地主さんや市が行いますが、今回はURが事業として行っているので非常に大規模で美しい街になっています。 JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅は2008年に開業し、駅の開業に合わせてイオンショッピングモールがオープンしました。ショッピングモールを起点に北側から開発が進み約5年で北側の整備が終わり、2013年度からは住宅を重要視した南側エリアの開発が始まりました。

大相模調整池 1,080m(徒歩14分)

毎日のお買い物から週末のおでかけまで

越谷レイクタウンには国内最大級の「イオンレイクタウン」が駅に直結しているため、毎日のお買い物はとても便利です。大型スーパー「イオン」はもちろんのこと、ファッションブランドから、インテリア、家電、スポーツ用品まで様々なジャンルのショップが揃います。映画館もありますので、週末にはお散歩がてら映画を楽しむこともできますよ。

イオンレイクタウンkaze
530m(徒歩7分)
イオンレイクタウンアウトレット
870m(徒歩11分)
イオンレイクタウンmori
1,040m(徒歩13分)

「ちょっとそこまで」の距離でレジャーを楽しむ暮らし

「リブコムアワード」という賞をご存知でしょうか?リブコムアワードは「環境に配慮した住み良いまちづくり国際賞」として優れた実績をあげた自治体等に贈られる国際的表彰制度です。越谷レイクタウンは日本で初めてリブコムアワードプロジェクト賞の金賞を受賞しました。水辺と商業施設の調和などが評価されたのです。越谷レイクタウンのシンボルはもちろん「湖」です。この湖ではカヌーやディンギーをやったりとゾートな雰囲気を味わうことができますし、周りには「レイクサイドウォーク」と呼ばれる1周5.7kmの遊歩道が整備されているので散歩やジョギング、サイクリングを楽しむこともできます。

大相模調整池 1,080m(徒歩14分)
レイクサイドウォーク 1,080m(徒歩14分)

[Introduction]越谷レイクタウンの分譲地をご紹介

レイクタウン美季の杜

レイクサイドウォークに面した湖畔ライフ。電線類を 地中化しているので、大きく広がる空と水辺の美しさを楽しめる街です。

JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅徒歩6分
総区画数:全224区画 (うちミサワホーム26区画)

詳細はこちら

ヒルズガーデン越谷レイクタウン南

にぎやかな駅北口と対照的な閑静で落ち着いた南口に誕生。

JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅
徒歩8分(98街区)
徒歩11分(91街区9画地)
徒歩12分(91街区1-1~1-8画地)
<分譲済み>

越谷レイクタウン ハートヴィレッジ

緑豊かな景観に満ちた83区画。街区の各所に交流を育むパブリックスペースを設置し、コミュニティ形成のきっかけを作ります。

JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅徒歩18分
総区画数:全83区画 (うちミサワホーム10区画)
<分譲済み>