330ミサワ分譲ナビ

ミサワホーム株式会社

ウェルネスシティつくば桜

物件概要

コンセプト concept

世代間のつながりや地域とのつながりを大切にしながら
あらゆる世代が「健康=健幸」で暮らせる街を目指して。

たとえば、暮らしの利便性を高める施設だけが揃うロケーションだったり、ある世代にだけ魅力的な設備を採用したり。
そんなある一部分だけ優れた生活環境ではなくそこに住むすべての方々の〝理想郷"をカタチにした街の実現を目指して私たちは「スマート・ウェルネス・コミュニティ」という街づくり構想を取り入れました。
住まいづくりのプロフェッショナルである「住宅生産振興財団」のノウハウを駆使したいつまでも心地よく暮らせる毎日が、ここ「つくば市」に生まれようとしています。

ヨーロッパ生まれの新しい街づくり構想「スマート・ウェルネス・コミュニティ」という考え方。

「スマート・ウェルネス・コミュニティ」とは、高齢化・人口減少という現代社会がかかえる問題を解決するために考案されたヨーロッパ生まれの新しい街づくり構想。街に暮らす方みんなが世代を超えて豊かに香料できることを目指した、いわば〝人の健康(健幸)を考える"暮らしづくりの指針です。この構想は近年、特にヨーロッパの郊外都市で注目を浴びていて、年から人を流入(Uターン・Iターン)させる効果もあるといわれています。

より豊かな毎日を創り出すために「美しさ」や「安心・安全にも配慮」

景観ガイドライン
建物一つひとつの見た目はもちろん、街並み全体としての美しさにも配慮した街づくりを実現させるために制定する「景観ガイドライン」。たとえば、建物の高さに制限を設けたり、街の中心に大きなシンボルツリーを配したりと、その街に暮らすことへの歓びや誇りを感じさせる風景を形成。ヨーロッパの各都市を彷彿とさせる、統一感のある街並みの創造を目指します。

安心・安全
中心市街地に車を入らせない街区整備を採用したり、歩道と車道を明確に分離したりと、お子さまからご高齢者までどなたでも安心して暮らせる街づくりをご提案。また地域コミュニケーションを育み住民一人ひとりが監視役となることで実現する、「カタチのないセキュリティ」の形成も目指していきます。

「ウェルネスシティつくば桜」の4つの提案

学園都市「つくば市」にふさわしい先進かつ持続的な暮らしづくりを目指して始まった新しい街づくり。それがここ全163区画のスマートウェルネスシティ「ウェルネスシティつくば桜」です。
この街づくりの基となったのは『後世に受け継ぐべき〝ほんとうの暮らしやすさ"』の研究。単にこの街、この場所ならではの「暮らしやすさ」を追い求めるだけではなく、毎日を豊かに過ごすために必要なコト・モノを取り揃え、真にスマートな暮らしを創り上げていきます。

この街ならではの、この街だからこそ実現する、豊かな暮らし。

3つの要素が融け合う、理想の街づくり。
首都機能の一部を移転する国家戦略の一環として1963年に産声をあげた「筑波学園都市」。50年以上の歴史を持つこの都市構想は、他のエリアとは一線を画した進化を遂げ、現在も筑波大学を中心に豊かな街並みを形成しています。
そして、そんな「つくば市」ならではの街の歴史を継承しながら、より現代へのニーズを高めていくために発足した「つくばスタイル」という地域密着型の街づくり活動。これら2つの系譜を礎に「スマート・ウェルネス・コミュニティ」という新しい街づくり構想を取り入れた街区が、いままさに誕生します。

インフォメーション

毎週土・日・祝 宅地分譲販売中!

お問い合わせ先
ミサワホームMJホーム

0120-286-330

(タップするとお電話がかかります。)

ページのトップに戻る